[初心者向け]年間853記事書いて気づいたこと

アドセンスの審査期間はどれくらい?早める方法はない?ある?

連絡がこない

GoogleAdsense(グーグルアドセンス)へ審査のお願いを出したけども、審査が遅い!

なんてことありませんか?

僕はーある!

というのも間違いを犯していたから遅かったわけですね。

審査が遅いときには、待つしかないのか?早める方法はないのか?調べたのでご紹介をしていきます。

GoogleAdsenseの審査の期間は?

 

GoogleAdsense(グーグルアドセンス)の審査期間は人によってまちまちのようです!笑

えーそんなー!って感じですよね。

明確に何日待ってこないなら諦めようと思えるのにもかかわらず、ネットを見ていると、実体験で二週間かかった人なんてのがいるから怖い。

ちなみに、僕は21時ほどに申請をして、夜中の1時には審査通過の連絡が来ました

なので、別に一日すらもかかっていません。速攻で届く人には、数分後、数時間後には審査通貨のメールが届くようですね。

ほっ。

2017年時点では、審査のコードをHPのheaderに貼り付けてから、長くて3日ほどかかります。とアドセンスのTOPには書いてありますが、届かない時はマジで2週間届かなかった。笑

届かない人が確認するべきことをまとめておきます。

審査通過の連絡がこない時は

 

確認するべき点は

  • headerに貼れている?
  • コード間違ってない?
  • 初期登録したサイトのURLのサイトにはっている?

まずはこの3つをすぐに確認できるからしてみましょう。

ざっと5分ほどで確認ができるはずです。

headerにはれているか

 

headerにアドセンス審査用コードが貼れているかを肉眼で確認してみましょう。大丈夫な「はず」が大丈夫ではない理由です。

大丈夫!と声を大にしてさけべるくらいに確認せい!

僕はWordPressのテーマはsaruwakaさんが作った有料テーマのSANGOを使っているけど、他のテーマも外観からテーマの編集という流れは変わらないと思います〜。

手順.1 外観からテーマの編集を選択する

手順.2 編集するテーマを親テーマに変更

手順.3 テーマヘッダーをクリック

headerを選ぶ

手順.4 <head>のすぐ下にコードを埋め込む

headerすぐ下にコードを埋め込み

<head></haed>の間に入れればいいのですが、変に入力をするとheaderを崩しかねません。<head>のすぐ下に入れれば大丈夫!

崩れたら強い人は、バックアップをとってからいじりましょう。

コードを間違えていませんか

 

アドセンス審査用のコードが間違えている可能性もあります。アドセンス審査中のページに飛べば、審査用のコードを再確認ができるので、一言一句間違えていないか確認をしましょう。

入力する前に、メモ帳やテキストなどに貼り付けてから、コードを見比べて、あっているかの確認をして貼り付ければ安心です。

初期登録をしたサイトになっていますか

 

初期登録をしたサイトかどうか!ここが意外と盲点なんです!

僕も見逃していた〜。

アドセンスのアカウント発行自体はyoutubeのアドセンスのために2年前に発行していたんですね。ですが、HP用には審査通していなくて、当時のHPのドメインは使っていなくてすでに失効していたんです!

だけども、調べると二次審査があった当時は、登録サイトのURLと別のサイトに審査用コードを貼っても審査が通ると書いたあったので、大丈夫かな〜と思っていましたが、見事に二週間連絡がありませんでした!笑

アドセンスを登録したサイトURLで審査用コードを貼り付けないと、審査してもらえませんので、要注意です。

もしも、登録ドメインが使っていない、失効している場合は、素直に諦めて、別アドレスで作り直しましょう。

登録アドレスは次は慎重に選んで、かつ自分が自信のあるサイトにしましょう。

以上がすぐに確認できる点でした!

早めてもらうことはできる?

 

審査を早めてもらうことはできません!笑

そりゃあそうだ、だって僕らは一般人。なんで僕らのために、業務を増やさなきゃいけないんだってGoogleの社員的にも思っているはずです。

僕もサイトの登録アドレスはすでに使っていないので、変更したいです!と問い合わせましたが、見事に二週間連絡音沙汰なしだったので、別のアドレスでアドセンス登録し直しました。笑

SANGOを使ってブログを書き始めて、アドセンス審査のために一ヶ月できる限りポリシーは守ろう!とは一切思っておらず、当然のように引用部分は引用を貼る、オリジナルで書く、を守っていただけでしたので、あっさり通ったなという印象でした。

確認してもダメならやり直そう

 

確認をしても連絡がこないのなら、審査そもそもをキャンセルしてやり直すのも一つの手です。

僕の場合は、そうしたことで、すぐに審査が通ったので、特にサイト登録したURLではないサイトに貼った人やアドセンスの初期のサイトのドメインが失効している人は、初期からやりなおしてみましょう!

読んでいただき、ありがとうございます〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です