[初心者向け]年間853記事書いて気づいたこと

アドセンス審査に必要な記事数は?初心者が陥りがりな不安を解決!

記事数は?

アドセンスの審査については他の記事に書きました通り!

一つを見られているというよりかは、

複合的に色々と見られて判断をされていると考えていただいた方がよろしいでしょう。

 

なので、何か、裏技的な、必勝法的なものをする!

 

というよりかは、正攻法でまともな文章を書くのが一番だと思っています。

だって、ズルしたって、正攻法で戦っている人には勝てないでしょ。

一時的に審査のためにブログを作っても、

アドセンスで収益化したいならまともなコンテンツが複数必要になるわけで、必勝法は探さない!

それはそうなのですが…

審査時に文字数とか、記事数とか気になってしまう気持ちもわかります。

僕もやる前に調べて、結局やらずに怯えて、寝るタイプなので、w

というわけで、何記事くらいあればいいのかを肌感で解説していきます!

ちなみに僕は58記事で審査通過

 

ちなみに、僕は58記事で通過しました。

もともと、趣味的な記事も多かったし、アクセスとか限りなく悪かったので、

通るかなと不安ではありましたが、他人の言っていることに左右されて審査に出さないってなんだかダサいな。

失敗するなら早いほうがいいっしょ!

と思って、審査に通してら、マッハで通りました。(4時間ほどで)

記事数は何記事必要なのか?

 

結論として、答えが出ません!(どーんっ)

というのも、

体験談ベースでの記事が何個か上がっていたのですが、

7記事で通ったや50記事で通ったなど、まちまちのようでして、正確に何記事があればいいのかはわからないという答えになりました。

(なんだそれは。w)

 

役に立たない情報提供記事になっちゃう…アセアセ

そんな答えじゃ満足できない!

と思いますよね。そりゃあそうだ。

が、しかし!一つ僕が思った発見をお伝えしてよろしいですか?

それは!ズバリ!

アドセンス審査に急ぐ理由はなんですか?

 

アドセンス審査をそこまで急ぐのには、どんな理由があるのですか!(すみません)

いや、でも思ったのですよ。アドセンス審査の記事数が仮に5記事だとして、何か得するのでしょうか。

5記事だとしても、30記事だとしても、書いていれば記事数って勝手に増えていきますよね。

そんでもって、アドセンス広告って1クリック単価が10円〜30円でしょ?

そりゃあ、毎月の収入にあった方が嬉しいですが、時間を費やして月収入が2000円だけ。

となれば、それだけで生活をしたい人にとっては心もとないですよね?

収益が目標で、ブログで生活を豊かにしたい。的なのが目的な人はまとまったお金を稼ぐ必要があります。

となると、何十万PVが必要になりますよね!?

正確なPV数は測れませんが、

SimilarWebPRO(シミラーウェブ)を使えば、他人のサイトのアクセス数がちょぴっとわかります。

自称稼げている人たちのアクセス数ってどれくらいかなって、腐るほど見てきたのですが、みなさん素晴らしいアクセス数でござった。

アクセス数が稼げているサイトは「5」ってのはどこもなかったです。笑

あったら挙手して教えて欲しい次第です。(あるのかな…汗)

と、いうことは!です。

将来的に考えて、ブログで稼ぎたいのなら、審査用の記事数など気にしなくていいのではないか?

という結論に至らざる終えませんでした。

僕も初めは、記事数どれくらいがいいのかな。文字数どれくらいがいいのかな。

とたくさん気にすることがありました。

なんせ、書いていて、審査に落ちたのなら、アドセンスが貼れないし、アドセンス貼れないってことは広告ってもう何もないんじゃないの!(w、リテラシーの低さ)

と思っていたので、焦っていました。

そして、焦っているから、何もせずに時間だけが過ぎていきます。

が、しかし、そこで落ち着いて考えます。

僕が何をしたいのか?描いているブログで何をしたいのか?です。

  1. 見てくれる人がいたら嬉しい
  2. 気になっている人へ情報提供になったら嬉しい
  3. 同じことに悩んでいる人の時間短縮になったら嬉しい
  4. 同じ感情を共有してくれたら嬉しい

んでもって

ユーザーが増えて収益になったら尚嬉しい

なわけです。

相手のためにならなくて、収益だけあるってのは非常に心がまずしい考え方ですもん。

お金が第一だ!って人は、

一度詐欺師でもやってみればいいと思います。あれは辛いよ…

目的が相手のためになって、あわよくば収益なのだとしたら、記事数なんて気にしなくていいか。

という答えに至り、気付いたら記事が50を超えていて審査も楽々に通った。

というのが僕の体験談で攻略法でした。

そして、このおかげで時間も無駄にならなくて済みました。

時は金なり、です。お金があっても健康と時間がなければ好きなことはできません。

記事数どれくらい必要かと気にしている暇があれば一記事かけます。

時間の貴重さに気づいた時に後悔します。

あの時の時間めっちゃ無駄やん!なんなん!返せや!

って。

なので、アドセンスの審査に通るために迷った子羊たちに伝えたいのは、

・何をそんなに焦るんだい
・まずは深呼吸
・何をしたいのか思い返そう
・目的思い出した?
・それってこんなに小さいことで止まる必要ある?
・ないでしょ!
・はいー書く書く!

ということ。

そして、簡潔に言えることは、

審査とか気にせんで!書きましょう。

巷のWEBにある記事数に惑わされないで

 

インターネット社会って情報化社会とも言えます。情報が何億と飛び交っています。それらは、有益な情報をもたらしてくれることもあれば、無益なことをもたらすこともあります。

そして、不安を煽ってきます。その不安に付け入り、情報商材を販売したり、コンサルをしたりという悪質な人もいます。

もちろん、そればかりではなくて、まっとうな情報商材やコンサルティングもあると聞きますし、出会ったこともあります。

情報に惑わされないでください!あなたの考えは間違っていない、はず!

不安に思ってしまう人って真面目な人だと思うんですね、僕は。

いろいろと調べて入念に外堀固めてやりたい人だと思うので、

めっちゃ調べますよね。僕もそうなんですよ。実力ないのにめちゃくちゃ調べます。

でも、そのせいで、行動が遅くなって実らないってのは実生活でも多々あります。w

行動しながら分析、改善をする癖を今では身につけ始めましたが、やり始めの人は特に行動をしながらを意識して書くことをおすすめします。

そうすれば十中八九落ちるなんてことはないはずです!

真面目にやってて、落ちたら、そりゃもうセンスないです。

でも、センスなくても、次は改善してまた書けるでしょう。

そしたら、そのセンスのなさからの改善が誰かのためになります。

だからまずは書く。そしてこの悩んでいる時間も誰かのためになります。

悩んでいたけど、悩む必要はない!という記事をぜひ書いて欲しい。

そういう記事ばかりになれば、嬉しいなあ。

もちろん戦略は必要ですけどね!w

それは経験と知識がある人限定でね!w

ない知恵絞っても、なんのエキスもでないよ、過信しないで、w

執筆!頑張りましょっ!

読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です