[初心者向け]年間853記事書いて気づいたこと

初心者でブログ書き始めたけど継続しないのは、まさに「今」が間違い

ブログ継続したい

こんばんは、ムネです。

私は、初心者でソーシャルを使わずブログへは検索流入のみで3ヶ月7万PVを達成しました。

ですが、それまでは継続が一番苦手で一切続けられなかったんですね。そんな私が、ほぼほぼ休まずにブログを書き続けられました。

 

書き続けられた理由は、ブログはやるけど、インターネットは見なかったから!

え?どういうこと?と思うと思いまして、細かく解説していきます。

 

書き続けるのが苦手、よそ見をしてしまう。ブログ更新をついつい忘れてしまうという方、

私も継続が苦手だったのですが、自分が継続が苦手というのを知っていたので、

注意をしながら書き進めていくことで、相当数の記事をかけました。

ズバリ、書き続けられない人は、「今」のその行動が間違いですよ。

 

では、3ヶ月で7万PV行ったシンプルな戦略とブログを書き始めて気をつけていた3つのポイントについてお話をします。

参考にしてくだせえ!

 

7万PVを達成した戦略は超シンプル

7万PVを達成した戦略は超シンプル!

  1. 自分のブログしか触らない
  2. 記事書く
  3. 1記事にまとめる
  4. 繰り返し

まじでそれだけですね。笑

戦略もくそもないって?戦略がない、とにかく目の前のタスクを日々こなす。

これは立派な戦略です。

 

この一連の流れにコツもくそもないので、書くときに気をつけていたポイントについて話します。

ポイントは

  • 自分のブログにしか触らない
  • 時間を決めて書く
  • アナリティクスも見ない

です。

一つずつ解説をします。

自分のブログしか触らない

自分のブログにしか触りませんでしたね〜。なぜかって、書き始めた頃にネタがなくなるってことはないと確信していたからですね。ネタがあるのに、記事を書かずに外を見るって消費以外の何ものでもない!とムチ打ってました。

それでもかなりよそ見しましたけどね。w

 

ネタがあるのに、情報に触れると、「他の記事が書きたいな〜」とか「もっとこうしたいな〜」とか思うわけですよ。

でもね、理想と現実にはギャップがあって、外を見てやろうと思ったことをやるには、イメージ力についていく実行力がなければ0から1は一生作れません。

大抵、外を見ている人の場合は、「結果」を求めているよりも、「思考」を求めている段階なので、1にはたどり着けないスパイラルに入るんですなあ。

 

気づけば、結局は消費側にいつの間に回ってしまっているので、生産側に回るためには、ブログにしか触れないことです。

伸び悩んでいる人は一旦作業に集中をするってのも重要だと思いますよ。

 

確かにSNSは圧倒的な情報量のスピードがありますが、人間は「エビングハウスの忘却曲線」と言って一時間後には約50%を忘れています。

つまりは、無意味なんですよ!方法論ほど詰め込んで意味がないものはないですね。ビジネス書ほど読みまくって意味がないものはないってのはなんとなく理解している人が多いでしょうね。

それと同じです。

 

確かに他の人の記事は面白い!SNSも面白いから触れてしまう!

別に悪くはありません。

でも結果は出ませんよね。少なくともブログでは。

 

もちろんブログがある程度かける人であれば、コミュニケーションの場にもなるので意味があるでしょう。

ですが、あくまでも初心者は作業と向き合うべきだという持論です。

 

 

そして、作業と向かいあい継続をし続ければ、自分のボトルネックに気がつきます。

MEMO
ボトルネックとは、目標に対しての突っ掛かりポイントと思ってもらってよいです

 

ボトルネックがどこなのかに気づくと、情報のキャッチ力が尋常じゃないくらい強化されます。

これは、誰しもが経験をしていることで、みなさんが、髪の毛を切ろうと考えている時は急に周りの人の髪型が気になるようになるんですね。

妊婦の時は周りの人のお腹が気になる急に妊婦さんが多くなったように感じる現象と同じです。

 

必要とあらば、人は勝手に情報収集をするので、その領域がくるまで励む。

これにつきます。

 

 

時間を決めて書く

時間を決めて書きましょう。

時間を長くとって書く記事は非効率です。

 

能力があるから時間を最大限に使えるんです。

能力がないものが時間をたっぷり使うのは9割以上が無駄でできています。

 

10時間あれば誰でも情報収集できます。

10時間あれば誰でも記事がかけます。

10時間あれば誰でも見直すことができます。

 

時間をかけたら誰だってある程度のものができてしまうんです。

別に記事の質というのが何かがわからない状態で、記事に時間かけてどうするんですか。

 

もちろん質がよくても意味がないと言っている意味ではなくて、初心者は意味がないんです。

だって質の良さって何?という自問自答に答えられないから。

答えられる人は時間をたっぷり使って質の良い記事を書いてください。

 

答えられない人は、答えがないのに時間を使うという、無駄な時間を過ごすこととなります。

 

さらに、

与えられた時間内で人はこなす性質があるので、時間をもうけないと無制限に時間を使ってしまうんです。

これをパーキンソンの法則と言います。夏休みの課題を最終日まで持ち込む原理と同じです。

なので、時間制限を求めることで、時間を最大限有効的に使うことができます。

 

時間内で「完璧」よりも「最善」で出す。

この反復で人間の集中力は増します。(実体験済み)

 

 

アナリティクスみない

私に限ってかもしれませんが、アナリティクスを含めたブログの分析をデータがないうちとか始めたばかりにしても無意味です。

凹むか喜ぶかだけで生産性にはつながりません。

 

数字がきて嬉しい。

数字がこなくて悲しい。

だからどうしたのでしょう。

 

数字がきてても明日にはこないかもしれない、だから書くしかない。

数字がこなくて悲しいのであれば、やはり書くしかない。

 

シンプルに書き始めなんて書くしか答えがないんですよ。

 

ブログ初心者が書き始めた時に、

誰の言葉を聞いても無駄ですね。

誰のブログをを見ても無駄ですね。

誰のSNSを見ても無駄ですね。

 

行動をしていなければ、情報のインプットの質は1000分の1くらいです。

 

だって学びの姿勢ができていないから

だってあわよくばいい情報が欲しい程度だから

だって言われてもやらないから

 

もっと枯渇した状態じゃないと、人は学ばないですよ。

「頼む!教えてくれ!」

この姿勢ではないと、インプットした情報は次のにはくそと一緒に流れてます。w

 

もしも覚えてられるんだったら、みんなタバコも酒もやめてるでしょ。

やめないんですよ。他人の話なんてそもそも聞かない生き物なんす。

自分自身がそして歴史自身が証明しているじゃないですか。

 

行動やアウトプットを仕切らなくても、少しの情報だけでできる人もいるでしょうが、ごく一部です。

ごく一部の真似はしないこと。ほとんどができません。

まとめ

始めたばかりの頃は、自分がやっているのがあっているのかな、と不安になり思わず周りを見てしまいます。

そして周りの人たちは数万、数十万PV、利益も数百万円いっているので焦るかもしれません。焦る必要はどこにもありません。一部の天才が台頭してこようが、人生は長いです。

 

1年で数字が伸びても5年で消えたら全く意味がありません。

1年で数字が出なくても5年で芽が出て数字を保ち続けたら意味があります。

 

どちらが「信頼」できる人、ブログなのかは一目瞭然ですので、焦らずに愚直に続けていきましょう!

私も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です