[初心者向け]年間853記事書いて気づいたこと

SWARROW(スワロー)とSANGO(サンゴ)のレスポンス、表示速度、比較検証

表示速度

タイトルの通り、スワローとサンゴのレスポンス速度、および表示速度はどちらが早いのかを検証する、くだらない企画です。

僕は気になりましたが、同様にきになる方がいるかわかりませんが、ここに議事録を載せておこうかと思います。

MEMO

SWARROW(スワロー)は、

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。プロブロガー八木仁平監修のもと、OPENCAGEが開発したWordPressテーマ。「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。

引用:WordPressテーマ「スワロー」

SANGO(サンゴ)は、

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。

引用:https://saruwakakun.design/

レスポンス、表示速度とは

表示速度は主にGoogle検索からクリックをして記事が映り、画面に表示されるまでの速度のことです。

レスポンスは横文字だから意味が広いのですが、サーバーに応答させるまでの速度?だったり、表示させる速度?だったり、というわけで二つはほぼ同じ意味だと思っています。

僕はブログ初心者なので、言い訳がましいですが、「意味ちげえから!」と言われたところで、「教えていただき、ありがとうございます!んでもって正式な意味は?」となると思うで、正式な答えを教えてくれる方募集中です。

レスポンスや表示速度が求められる理由

たぶんですが、この記事を見ている方は、テーマに速度を求めている方だとは思います。

ですが、話半分で「速度が速い方がいいんだろうな」程度であれば改めて復習をどうぞ!

SXOについてSXOとSEOの違いや意味は?検索体験最適化への対策について 表示速度[SEO対策]AMP化はしないけど表示速度は速くしたいブロガーがやるべき5つ

二つのテーマの検証方法

二つのテーマの検証方法は、よくある二つのテーマのDEMO版を測るという方法があります。

ですが、それだけだと、実際に使っている方の速度がわからないのでなんとも言えません。

というわけで、「SWARRWO」「SANGO」という単語とワードプレスやカスタマイズを検索しまして、上位10ブログを計ります。

ブログ名は出したら、別に公開されている情報だから、違法でもなんでもないのだけども、マナー的に自分がやられたら嫌だなと思うのでどのブログを計測したのかは書きません!

速度計測に使うツール

速度計測に使うツールは、

  1. PageSpeed Insights
  2. Test My Site
  3. gtmetrix

です。

3つツールの違いは、PageSpeedInsightsとTestMySiteはモバイルに特化しているかいないかが大きな違いです。

PageSpeedInsightsは、PCとモバイルが出ますが、TestMySiteと違って、表示までに何秒かかっていると具体的には出てきません。

改善の内容も一時間待ちますが、後者の方が細かく描いてあるケースが多い印象です。ですが時間がかかるので、すぐに見たい人は、前者を使った方がいいと言われています。

gtmetrixは、PageSpeedInsightsとYahoo版のスピードチェックツールを同時にできる優れものだそうです。通常数字に違いは出ないために、PageSpeedInsightsを省いてもいいと思ったので省かせてください(土下座)

結構この作業地道なんです。w

計測開始

ツールにURLを入れていきます。入れたデータをスクリーンショットとメモをします。

エクセルに入れます。

そのデータこちら!

TestMySite

mobileスワローSANGO
A45
B54
C76
D68
E52
F1710
G44
H43
I78
J67

PageSpeedInsights

 

googlespeedスワローSANGO
A6964
B7566
C1156
D8288
E4878
F6393
G7461
H9288
I6228
J9598

YSlow

yahoospeedスワローSANGO
A6675
B6561
C5376
D7384
E7356
F5782
G5564
H7280
I6247
J7289

合計値と平均値を出す

mobile(ス)mobile(サ)google(ス)google(サ)yahoo(ス)yahoo(サ)
合計6557671720648714
平均6.55.767.17264.871.4

SANGOの方が速度表示は速い

SANGOの方は速度表示は速いという結果になりました。

個人的には、どちらともにそこまで大きな変化はないのではないかな?

と思いました!

何より、スワローはかっこいいし!SANGOはマテリアルな感じで可愛らしいし!

それに、スワローはテーマとしてでたばかりですので、使っているユーザーがまだ速度に対して手をかけ切っていない可能性があります。

そのために、誰かが高速化を編み出してくれればあとを追うように、他のユーザーも素早くなるために一気に平均値は上がるでしょう。

そうすると、今度こそ決着はわかりませんな〜。

速度が全てではない

速度が全てじゃないですね!

どちらともに速いのサイトがありますし、めちゃくちゃ遅いサイトもどちらともにあるようでした。

今回は無作為に上位ページからドメイン10種で検証しましたが、もっと種類を増やせば違う結果になったかもしれません。

何より、AMP化が進んでいるので、検索画面からの表示までの速度は問題にならなくなります。

AMPのSEO対策についてAMPはブロガーは実装した方が得?SEO対策、効果は?メリットとデメリット

検索からの表示よりかは、スクロールしていて突っ掛かりがないかや、内部リンクに飛ぶ時の読み込み速度が遅い方が大問題です。

表示までの時間が長い方は、一度改善をしてみるとユーザーエクスペリエンス(満足度)が上がるかもしれません!

表示速度[SEO対策]AMP化はしないけど表示速度は速くしたいブロガーがやるべき5つ

まとめ

表示速度で選ぶなかれ、いいと思った方を直感で選んでも大丈夫な時代。

どのテーマにしようかとめちゃくちゃ悩まれると思うのですが、僕も全然ワードプレス知らないくせに悩みました!

一度買ったテーマを使わずに放置するという事件を引き起こしていますからね。w

直感でいい!と思った方が意外と長続きするものです。心理学でも論理的に選んだ方よりも直感で選んだ方が満足度が高いとか、高くないとか(多分高かった)

仮に機能でなくとも、優秀なエンジニアの方々がプラグインを作ってくださったり、CSSで編集したりできる時代なんですね〜。

ふむふむ。

SANGOに選んだ理由はこちらから↓

私がSANGOをおすすめする理由6つ、ただカッコイイだけじゃないんだよ

スワローとSANGOの比較記事はこちらかーら↓

テーマ比較WordPressテーマのSWALLOW(スワロー)とSANGO(サンゴ)の比較してみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です