[初心者向け]年間853記事書いて気づいたこと

ブログの記事リライトの効果はある?SEO効果は抜群!文章のコツとは?

リライトの意味

メディアでもブログでも、アクセスは大事ですよね!

もはや命と言っていいほど大事かもしれない。

そのアクセスを増やす方法として、新規記事を書くというのもありますが、

ある程度記事が増えてきたら、次に考えるのが、

リライト

ではないでしょうか?

リライトって意味があるの?

と思う方もいると思うので、実体験を元に、どれだけ意味があるかを解説します。

まあ、

僕自身勉強中でですね、

まだまだリライト文をブログでは発揮が全くと言っていいほどできていないのですが、

某メディアでの経験を踏まえてリライトは十分にSEO効果とクリック率などで発揮をすることをお伝えしながら、

タイトルやディスクリプション、記事の文章リライト方法を例を使って説明しながら、コツ、手順、効果などをご紹介したいと思います。

では、いっきまーっす。

リライトする意味は

 

そもそもリライトする意味は、ズバリアクセスを上げるためです。

 

もう少し専門的な話に入りますが、

 

アクセスを増やすためには、検索順位とCTRを上げる必要があります。

まずはそれを理解する必要があります。

 

アクセス数の合計は

  • 月間検索回数
  • CTR(クリック率)
  • 検索順位

が関係しているのはなんとなくわかりますでしょうか。

 

例えば、

キーワードプランナーを使って検索ボリューム数を調べます。

 

月に検索される単語の組み合わせAがあるとします。

Aの検索されるボリュームは10000だとしましょう。

そして、Aという検索では、順位(検索順位)は5位だとします。

実際に、サーチコンソールで調べてみても10000回(インプレッション数)は表示されています。

CTR(クリック率)は、10%です。

 

このアクセス合計数に関係する、

  • 月間検索回数
  • CTR(クリック率)
  • 検索順位

 

のうち我々がコントロールできるのは、CTR(クリック率)と検索順位と言えます。

なので、効果的な数字を出していない場合は、

 

順位とCTRを上げるために、文章を書きなおす必要があります。

 

余談ですが、検索順位が一位の効果は前にも説明をしましたが、だいたい17%ほどのクリック率があるために、内容云々ではなくて、Googleで一位になった時点で露出度は桁違いに増えます。

この既存の記事を最適化する作業を

リライト

といい、

大きなメディアでなくとも、小さなブログを運営している人にとっても大事な作業になります。

※ファンを作るなーらね

リライトの効果

 

リライトって効果あるの?

っと思いますよね?

リライトは結論から言うと効果あります。笑

 

先ほどもちらっと一位の効果をお伝えしました。でも一位にならないとリライト意味ってないじゃん!

と思うかもしれませんが、それは断じて違います。

 

僕自身がリライトをした記事では、

検索ボリューム数で言うと、単体検索ボリュームが2000ほどの組み合わせが一ヶ月で一位になったり、

クリック率が低いものが、タイトルとディスクリプション文の変更で5%とか上がったりしました。

 

5%と聞くと、低いように感じますが、10000のインプレッションがあるものであれば、500アクセス、さらには、

離脱率が低くて、最低2ページ見てもらえるとすると、1000ページビューにもなるので、かなり意味があります。

 

正直に言うと、

リライトをしない、する意味がないって言っている人は非常にもったいないと思う。

※確かに順位が圏外の場合はほぼ新規と同じ作業量だから意味ない。笑

 

特に順位が30位以内の人は、うまくやれば上に上がっていく可能性が十分にあります。

 

リライトする記事の見分け方

 

サーチコンソールを開いて、情報を収集して決めます。

順位の変動を見るために、エクセルか何かにデータをためておいた方がいいでしょう。

  • 順位は高いけども、クリック率が低い

ものを見つけましょう。

また、他にも、アナリティクスを見て、

  • クリック率が高いけども、離脱率が高いもの

もリライト対象となります。

30位以内のもので30位圏外のものは、

  • そもそも質が足りない
  • 競合が強すぎる
  • 検索意図がずれている

 

可能性があるので、リライト対象というよりも、新規で別に書く、もしくはキーワードを外して、もっとロングテールで攻めるとか、同じことをずっとやっていても、一生勝てないんで。

 

数ヶ月立たないと順位が上がってこないものもありますので、こいつは全然効果がないな。

と早くに見切りをつけずに、気長に3か月ほどは待ちましょう。

なぜ三か月なのかは僕もわかりませんが、三か月で上がり切らなければ、上がらないってのがマーケッターの目安のようです。

 

リライトの書き方、方法と例

 

リライトの方法は様々です。

ですが基本的には、まずは順位を10位以内にあげることを前提として考えた方がいいでしょう。

 

リライトをする時には、検索意図を確認して足りない要素を付け足します。

 

例えば、

リライトの効果について書いている記事だとします。

「リライト 効果」

と調べると出てくるけど、リライトの効果を知ったら、方法まで知りたくなるのが、常じゃないですか?

 

なので、リライトの効果と書き方や方法が書いてあるページがどうしても上に上がってきます。

そのために、書いていない場合は、方法についての項目をどこかに付け足すってことですね。

 

付け足すワードの探し方

 

リライトで付け足すワード(内容)を見つけるためには、

  • 無料、もしくは有料のツールを使う
  • キーワードプランナーとサジェストを見比べまくる
  • 検索順位が高いサイトの項目を見る

などを使い検索する人が合わせて気になっている情報を見つけていきます。

 

基本的には、検索順位が高いサイトに載っているものは、要素を満たしている可能性は高いので、参考になるでしょう。

注意
けれども高いだけで要素を満たしていない可能性も多々あるので、気をつけて下さい。ここに文章

 

一発で発見できるツールとして、ミエルカなどがありますが、

確か、ブロガーはヒートマップしか使えず、法人だけがミエルカのインサイトを見れた気が。笑

ヒートマップもかなり有効的っぽいけど、使っていないから、その話は別の方に聞いてほしい。笑

(ごめんなさい)

 

文章をリライトするコツは

 

文章をリライトするコツは完全に個人的な感覚が入ってしまいますが、書き留めておきます。笑

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 文章

によって、書き方が変わります。

タイトル

 

タイトルは、検索した人が気になるタイトルをつけます。

左から右へ目線を移す癖が携帯ではありますので、左に重要な肝となるキーワードを寄せましょう。

関連性が高いロングキーワードもタイトルにできる限り詰め込むのがコツです。

余計なことは言いたくなっても言わない!

ディスクリプション

 

タイトルと同じく、最初に重要となるキーワードを全て使います。

ロングテールキーワードとして設定したいキーワードももちろん入れ込みます。

スマフォだと、100文字も映らないので、入れ込んだとしても離れすぎていると、綺麗に文章では映らない可能性があります。

お互いのワードを近く設定した方がいいです。

文章

 

文章のリライトは、自由です。笑

ですが、最低限やって欲しいことは

  • リード文に入れる
  • 文中に入れる
  • まとめに入れる

くらいです。

以上のことをやらないと最低限度のリライトを仕掛けたことにならないので、これくらいはやりましょう。

10以内になると違うやり方で

 

上で説明したのは、10位から30位以内での場合です。

順位が上がってきてからは、他の要素も関係してくる可能性が高く、

文章量や情報の種類が豊富でも上がらないと言われています。

では、何をすればいいかというと、より文章を短くして伝える。

などが挙げられています。

例えで言うのであれば、文章ではなくて、逆にわかりやすいグラフとか画像を使って、説明をする。

ということですね。

知識はいいから実践で覚える

 

タイトルやディスクリプション、記事の文章リライト方法の例やコツ、手順はいかがでしたでしょうか。

意味があるのかな?と感じていた人も、

意外にも効果があるんだな!と感じた人もいると思います。

知識武装はすごく大事なことですが、頭でっかちになって、

でも、だって、だけどと言っていては、一生結果は出ません。

まずは、いじってみる!SEO効果がなくて順位が下がったら何で下がったのか発見すればよし。

上がったら何で上がったのかを発見すればよし!

って感じです。

肌で感じる方がどんな教科書よりも役に立ちます。

一番の財産は感覚だと僕は思っています!

読んでいただきありがとうございます〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です