[SANGOカスタマイズ]サムネイルや画像内部に引用リンクを貼る方法

引用リンク

ルールなんてもはやないと言わんばかりの魑魅魍魎の集まりインターネットですが、

ブログをやっていると、「引用」「出典元」を書きなさい。

と言われることもあるでしょう。

おっしゃる通りで、著作物には引用、出典元を書かずに使った場合に、親告されれば罰を受けます。具体的には、民事なの?刑事なの?とか思ってしまった人よ。

ここのサイトではない!それを求めるのは。すまん。

というわけで、今回は引用元を書く大切さとサムネイルとして登録して、TOP画像として乗ってしまう写真の内部にリンクを貼る方法をお伝えしていきます。

ちなみに、SANGOのカスタマイズについては、

参考 商用画像にはキャプションを!SANGOのアイキャッチに表示する方法マサオカブログ

この方のブログが非常に見やすく、もう僕の記事って見る意味ないんじゃないかなって自分でも思っているので、手っ取り早くそちらへGO!

いっきまーっす。

引用、出典元とは

 

まずは、簡単に引用、出典元についてをお話ししておきます。

本、音楽、文章、写真、建物、この世の中にはあらゆるものに権利が付いていますが、その中でも気をつけなければいけないのが著作権!

肖像権とか守っているブロガーとかほぼいないので、淘汰される日は全員まとめてあの世行きです。

駄目ですよ〜海外で建物とか載せたら。特に歴史的建造物なんて、著作権が外観にまである可能性がありますからね。

んでも暇じゃないと思うから言ってはこないと思います。

でも体裁的にダメなものはダメと言っておくのが大人ってやつなんだと教わりました。(誰に)

エッフェル塔とかとっていいタイミングとか決まっているみたいですよ。

著作権を引用、参考にさせてもらった際には、周りの文章と区別するようにして、さらには引用元を書く必要があります。

ちなみに、著作権侵害は親告罪なので、著作権者に訴えられなきゃ第三者が不快に思おうが関係ナッスィングです。

が、

引用元を書いていないことは第三者でも訴えることができるので、気をつけて〜!

まあ、つまりは人のもの借りたんだったら借りた先のこと書かなきゃだめだよ。

ってことですね。

書き方の例

書き方の例をざっくりと書いていきます。

おい、のび太

引用:ドラえもん

てな感じです。

MEMO

本当はもっと細かく書かないといけませんが、そもそも出典の明示についての基準が文化庁も出していないために、わからないというのが現状。

法律家が書く例などを出してくれてはいるが、めちゃくちゃに長くて守っているブログを今までに見たことがないので参考にしないことにした。とは口が裂けても言えない。

画像へのつけ方

魚

引用:まちかど門左衛門 あの日僕は魚になった

注意
そんな著者も小説もありません

写真の下にチョピって付ける人もいますが、

引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

引用:著作物が自由に使える場合/文化庁

引用における条件の2番目である区別されているかどうかなどについてが満たされていないので、親告されたらバイバイマンです。

全体に引用をつけていた方が安心ですよ。

SANGOのサムネイル画像がTOPにどこにつければいいのでしょう

今からするところだから黙っていてください。

冒頭でお話しをしました、

参考 商用画像にはキャプションを!SANGOのアイキャッチに表示する方法マサオカブログ

を見ればできます。

なんだそれは!じゃあこの記事は意味がないじゃないか!

  1. 子テーマになっているかチェック
  2. FTPでデータをいじる
  3. スタイルシートに貼る
  4. 終わり

こんなんなります。

引用

これであればサムネイルにも安心して付けられますねえ〜。

サムネイルにも使ってはいけない可能性があり、権利争いになったら時間食うので、できれば自分で作った画像を使うのがオススメです。

大手映画メディアの…とか大丈夫なのかしら?(親心です)

めっちゃ簡単なので、使うか使わないかはともかく、実装しておくと便利ですね!

以上!

引用のルールを守ってENJOY

引用のルールを守るためにも、使い勝手の良い、写真内部にリンクを貼り付けられるようにしておきましょう。

SANGOがお好きな方にはデザインが好き!という方もいらっしゃるでしょうが、この方法を使えば見た目を損なわずにリンクが貼れるます。

さよなら〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です