そもそもよく聞くSEOって何なん?初心者ブロガー向けにまとめました

SEOとは

ネットで副業をしよう、というわけで、ブログやアフィリエイトを調べた人は一度は聞いたことがある

SEOという謎の言葉。私も初めて知った時はなんだか響きだけはいいけど、意味不明すぎます(゚O゚)

簡単にいえば何なん!?ていう内容をできる限りわかりやすさを意識してまとめました。

※がわかりやすいかどうかはわかりませんから、わからないとしても責任は一切負いませんからね♪( ´θ`)ノww

  • SEOとは何かが知りたい
  • SEOに関係している単語も知りたい

って人は参考になることがあるかと思います。

SEOとは

SEOとは、どこで調べても出てきますが、

“Search Engine Optimization”

の略称です。

SEOだから、「セオ」って呼んじゃいそうになるけど、

読み方は「エスイーオー」です。

セオって呼んだらたまらなく恥ずかしい。

ムネ

本気で初めて知った時は「セオ」だと思ったいました。

ちなみに

Search=「検索」
Engine=「エンジン」
Optimization=「最適化」

だお。

検索エンジン最適化という名の通り、

グーグルが決められたアルゴリズムに適しているコンテンツが上がってくる仕組みです。要は情報整理をする仕組みがSEOであるのです。

読者に求められているのが、長文だったら、長文で順位が決まるし、プロの答えを求めているのであればプロの答えが回答にくる。

ただし、そうとも限らない検索もたくさんあるために、ジャンルによって違かったり、ただ長ければいい、わかりやすければいいというわけではないので、皆試行錯誤しているのです。

ちなみに!SEOは基本的にgoogleのことを言う

SEOと言われれば現代ではGoogleの指標をイメージしていただいて構いません。

他にもBigやyahooなどの検索プラットフォームがありますが、主にGoogleが基準です。

ムネ

なぜかは知らん。かっこいいからじゃないんかな?笑

SEOの目的は何か

では、SEOの目的って何でしょう?ってわけで、考えてみました。

SEOは

「伝えたいことを求めている人に伝えること」
「ピンポイントで情報が欲しい人に情報を与えること」
など。

言い方は様々だけどニュアンスとしてはそんな感じ?

いえいえ

「サプラーイズ!」

デスヨ。

ど素人の私がいくら考えてもわかりませんので、Googleを見てみましょう。

グーグルの理念

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google が掲げる 10 の事実/Google

がグーグルの理念です。

時代とともに変わるけど、いつだってユーザーが満足してくれるんだったら、僕らはいいんだ。

的な感じで囁かれている感覚になりません?笑

 

ユーザーが検索をするキーワードは一体何を求めているのか?

この精度は年々上がっています。

ムネ

それでも上がってこないじゃねえか、知りたい情報得られないじゃねえか。って人もいますが、精度は上がっていますよお♪( ´θ`)ノ

人って感情で結局は行動を決めます。

だとしたら、感動をさせるサービスを作るのが儲かるサービスじゃねえか!っていう考えなわけだから、

結局は

「サプライズ」

させるってのはSEOの目的なんじゃないか?

っていう抽象表現。(゚O゚)…

SEOのいいところはお金を使わずとも見てもらえる点

じゃあ、そのSEOを知ってどうするの?っていうと

何がいいって、広告などにお金をかけずとも、人に見てもらえる機会がある。という点。

これは画期的ですよ〜。

今までは人が目につくところに広告を載せる、見てもらうためにはお金がかかりました。

ムネ

マンションの壁とか、道路でよく見る看板とか、雑誌のページとか、全部金がかかるんじゃあ。

広報、広告がお金がかかる中で、唯一お金をかけずに見てもらえる機会を作ることができるのがGoogle、SEOの素晴らしさです。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOを覚えておこう

SEOにはブラックハットと呼ばれるものと、ホワイトハットと呼ばれるものがあります。

公式に名付けた人が誰だかはわからなかったのですが、

  • 「ブラックハットSEO」がよろしくないもの
  • 「ホワイトハットSEO」がよろしいもの

というイメージですが、普通に既存のSEOを自力だけでやればホワイトハット、他人と見せかけて自分で行うステルスマーケティング的なものがブラックハットといったイメージです。

例えば、WEBのコンテンツは、他人からリンクを貼られていた方がページのランクが上がり、順位も上がりやすくなると言われています。

多くの人から支持されている記事であれば、確かにいいものである可能性が高いですよね。

なので、その他人のふりを自分でして、リンクを貼ります。すると、自分一人でリンクを大量生産できたりします。

賛否両論あるようですが、私は別に人に迷惑かからず儲けが出るのであればいいんじゃないか。という見解です。

だって稼ぐためにブログ書いたり、WEBサイト作成しているわけですし。綺麗事よりも数字取れればいいのでは…

SEOは内部SEOたるものと外部SEOというのがある

内部SEOと外部SEOを聞いたことがあるでしょうか?

内部SEOは字のごとく内部でできること、コンテンツはもちろんですが、コードを短くーとか、ページの表示を早くする、とかです。

内部SEO

内部SEOは文字の通り、内部で行うSEO対策です。

コンテンツの質や量もさることながら、googleから認知されやすくするために最適化する作業も内部SEOと言えます。

参考 内部SEO対策とは?最低限抑えておきたいチェックリストLYKAON

外部SEO

外部SEOもその名の通り、外部で行うSEO対策です。

被リンクや今ではSNSでのシェア数なども。

 

内部SEOと外部SEOはどちらが欠けても検索上位に必要と言われています。

人が読みたくなる、人がシェアしたくなる記事を作れば、自ずと外部からもリンクがされるでしょう。

Goodleが重視している要素「EAT」

Googleが重視している点を知ることで、何をすればいいのかを考えていくことも重要です。

現在ではEATと言う要素が重要と言われています。

 EAT

グーグルは2016年3月版では、Page Quality Rating: Most Important Factors(ページ品質評価:最も重要な要因)で以下のように答えています。

メインコンテンツの品質と量
ウェブサイトの情報と誰がその情報に責任を持っているのか
ウェブサイトの評判
専門性・権威性・信頼性

これが新しくなり(2017年3月)

専門性・権威性・信頼性
メインコンテンツの品質と量
ウェブサイトの情報と誰がその情報に責任を持っているのか
ウェブサイトの評判

引用:Search Quality Evaluator Guidelines / General Guidelines

参照:Google “E-A-T” 解説と攻略/「高品質なコンテンツ」と認められるには(1)/SEOPack

に変わりました。

 

内容は変わらないみたいですが、順番が入れ替わっていて、「専門性・権威性・信頼性」が一番上に来ています。

専門性は、その分野に特化したコンテンツかどうかを判断されているようです。

コンテンツだけではなく、サイト全体を見られる場合もあるみたいで、googleの社員さんがyoutubeで回答していました。全体を見る場合もあると。

コンテンツだけではなくて、サイト全体としてもEATを見るよ!ってことは、1つのテーマに沿って詳しく書いたほうがいいのではないか。

と思い、特化ブログにしようか、雑記的なブログにしようかをくそ悩みました。笑

 

権威性は、一般的に認められているかどうか、これはリンク数だったり、分かりやすく整理されているようだったりってのが関係しているみたいです。

信頼性は、医師慣習だったり、その人の知名度が高いかどうかが関係していると思っています。

もっと詳しく知る方はSEOは「SEOの森」さんで読みましょう。

私もよく読みますが、わかりやすくて、具体例が出ているし、ただの情報まとめや翻訳ではなくて、筆者の考察が入っているために、ためになります。

参考 YMYLとE-A-TとSEO攻略方法SEOの森

感動させるコンテンツであれ

SEOとは何かについてを長々とお話しました。

ブログを書き始めた方は、SEOについてを知ることは大事ですが、奥が深すぎて、専業にしている人がいるくらいですから程よく知って書き出さないとずっと記事を書けなくなります。

また、新しい情報がぽんぽん出てくるために、優良な情報を発信してくださる人をSNSでフォローしたり、ブログを見たりして情報収集はくせにしてまとまった時間は取らないようにするのが良いでしょう。

おすすめSEO情報はSEOの森さんと、

参考 TOP海外SEO情報

です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です