SEOを実施するタイミングと、気をつける点。ただやればいいは危険

SEO対策の前に

SEO対策って言うけど、いつからやったほうがいいのか。と問われれば、「今からでもやりましょう」と答えます。

そりゃあ順位は上のほうがいい。

検索順位一位の効果はこちら

ウェブサイトにSEOは必要なのか、検索順位1位はどれだけの効果があるのか調査

現に、初めは、話題性のあるようなトレンド記事を扱っていたり、バズらせる目的で記事を作っていた会社もSEOの対策は最低限は導入をしています。

僕がいたメディアの会社も、本格的にワードの組み合わせでSEO対策記事を書き始めて、三ヶ月ほどで1位になったワードがちらほら、もちろん、何十万、何百万というボリューム数があるキーワードではないです。

ですが、数千程度のキーワード数であれば、上がってきている記事は多くあります。やれば上がるってことですね。

それでも、今からSEO対策を始めますとなった時に気をつけたほうがいいことってのが調べるといくつか出てきますね。

そこで、今回考えたのは、ブログをやっている人向け?でもあるけども、飲食店や美容室などを含めて、他企業がWEBサイトを運営していて、どのタイミングでSEOをやればいいのか、またどこに気をつけるのか、始めた時にどこに気をつければいいのか。についてつらつらと語っていきます。

一番いいタイミングは

 

立ち上げ時、始めてからすぐ

そりゃあそうだ!って感じですが、まさにその通りだと思っています。立ち上げ時からやっているのが一番です。

その理由としては、いくつか考えられますが、一番はやはり余計な工数(手間)をとらなくていいからですね。

例えば、とある文字を変えたいと思った時に、その時点で記事が300あったとしたら、300個変えなければいけませんよね?

300個変えるとなると、1個あたりにかかった時間が、5分だとしても、1500分だから時間に直すとなると、25時間です。

に、25時間!

とてつもない時間です。1日寝ずにやっても終わらないレベルとなると疲れますね、さすがに。

となると、最初から、的確にサイトの構成をある程度でもつくって運営をしていた方がいいというわけです。

古かったらリニューアルという手もある

 

新しいサイトが一番いいタイミングだとするのであれば、古いサイトを運営をしていた場合はどうなるんですか?

と思いますよね。

結論、リニューアルを本気で考えた方がいいです。

 

サイトのコンセプトが完全にずれているものを手直しするくらいなら、小規模のサイトであれば、ワードプレスでも無料のテーマを使った方が見た目的にも美しくて、SEO対策ができているサイトを作れるでしょう。

すでに記事をあげていたとしても、移行もできますし、バックアップを取った後に、リニューアルをすれば、戻すこともできるので、心配する必要はないですね。

SEO効果を出すために確認しておくこと

 

リニューアルをしようと検討している人は、以下の点に気をつけた方がいいと言われています。

  • 放置ぎみのWEBサイト
  • 複合的なテーマのサイト
  • 過去にスパム判定を受けてしまったサイト
  • ライバルが多いサイト

です。

一つずつ解説をしていきましょう〜!

放置気味のWEBサイト

 

ウェブサイトがクロールをされていないので、グーグルのクローラーが気付きづらいと言われています。

クロールなどの基礎についてはこちら

検索エンジンとは検索エンジンとは?クロール、インデックス、アルゴリズムを知ろう

古いサイトを改めて始めるとなって、サイトをリニューアルしたとしても、インデックスされるまで時間がかかるかもしれません。

 

あくまでも言われているという理論だから、実情は不明確ですが、更新をし無さすぎるサイトだったら、ドメインを再取得してもいいですね。

 

複合的なテーマのサイト

 

複合的なテーマのサイトの場合は気をつけて〜!

 

ブログの場合は、複合的でも、キャラクターが立っていれば、人に読んでもらえるような可能性があるにせよ。

ブログでなく、メディアの場合は、複合的なサイトだと、結局何について詳しいサイトかわからず、情報が欲しいタイミングになっても、ここのサイトを頼ろうとはならないわけですね。

パッと思いつかれるように、初めから何についてを書いている!とわかられるくらいの構成やコンテンツにしておけば、ユーザーにも優しいサイトになります。

 

なので、副業的なテーマの場合は、極力減らしましょう。

減らすコツは、10年後も決めたテーマを書いてられる?ですね。

 

無理なものは、基本好きじゃないことです。好きではないことを続けるのは苦痛なのでね。

過去にスパム判定を受けてしまったサイト

 

過去にスパム判定を受けてしまった場合は、スパムの原因を解決させました。

という承認をGoogleからもらうようにしましょう。

スパム認定でペナルティを受けている状態が、いいか悪いかを考えれば、どちらなのかは一目瞭然ですね。

 

ライバルが多いサイト

 

ライバルが多いサイトは大変です。

 

コンテンツの量、質、最新の情報でなければならなくなります。ニッチなワードにすれば、かける人も少ないために、更新にこだわらなくても、長く細くやっていけるサイトになるかもしれません。

ライバルが多いのにもかかわらず、ウェブサイト運営には時間はかけられない、でも上にあげたい。

 

と思った場合は、テーマを変えましょう!

そんなに甘くない、ネットの世界。

心配事を減らして、気持ちよくSEO対策をしていこう

 

始める前に気をつける点はあげましたが、どれもこれも、わかれば対処、対策があるものです。

どうにもならない問題は、ほおっておいてもいいかもしれませんが。確実に解決できるであろう問題があった場合は解決をして、心配事を減らしたほうがいいでしょう。

気持ちよくSEO対策をするためにも、始める前に確認をしてみてください〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です